NPO法人への資金援助

NPO駆け込みシェルター釧路へ対する資金援助

 近年、人手不足の世の中に置いて、弊社においては、社の方針に賛同した多用な人材が集まり、その効果もあって技術力や業績も向上しているところですが、弊社の経営理念のワンフレーズに「社会に貢献し地域とともに発展する」という言葉があります。 自分達だけではなく、困っている人の人助けや、社会問題を解決する事により、人間の救済や、地域にもプラスになり、自分たちの人格や器、会社の品格が上り、更に発展すると思っています。

世の中には、様々なボランティア活動や、寄付などありますが、思うに本当に困っている、崖っぷち状態で耐えている可哀想なケースもあるわけで、その中でも最も困っている、気の毒なケースは、「子供の貧困・虐待」と「精神的支配による女性へのDV」ではないかと考えます。

2019年6月に起こった札幌での2歳児女の子の虐待死もDVがらみらしく、非常に腹立だしく、亡くなったお子さんは気の毒極まりない事だと思います。 そんななか、2019-06-16釧路新聞一面に、別紙の様な記事を見つけ、何とか弊社の営業活動の中から支援できないかと考えました。 今回の支援は、毎年継続的に行う事を前提に考えていますので、地域を代表する企業の1社として、弊社の営業努力と連動した形での資金援助を行います。

(拡大)

 

そして、それが我々の業界にも広がって、困った子供達や女性の助けに繋がって行けばと思いますので、以下のような方法で展開したいと考えます。

当NPO団体の概要

●特定非営利活動法人 駆け込みシェルター釧路
●DV被害女性とその子供達に対する緊急保護と自立支援、一般に市民に対する予防啓発活動を通じて健全な家庭と明るい社会の形成のための活動
●理事長 平間育子さん
●DV相談電話 0154-32-7704

支援内容

●経済的支援とする(毎年4月に1年分を寄付)
●弊社の個人ユーザーからの売上(リフォームなど)の0.5%を金銭で寄贈する
●2019年度寄付(2018年度実績 106百万×0.5%=53万円)

  • ▲ロゴ(拡大)

  • ▲駆け込み
      シェルター釧路(拡大)

  • ▲申込書(拡大)